So-net無料ブログ作成
検索選択

<WHO>臓器提供指針案を採択(毎日新聞)

 世界保健機関(WHO)は21日、ジュネーブで開かれていた総会で、生体ドナー(臓器提供者)の健康調査と臓器売買の禁止などを柱とする指針案を採択した。法的拘束力はないが、日本を含む加盟国に対応が求められそうだ。

 指針では、死者からの臓器提供を原則とした上で、国内法で認められている場合にのみ生きている人からの提供を容認した。また、実施する場合には、健康な人にメスを入れる点などを踏まえ、ドナーの健康を追跡するよう求めた。臓器売買については、提供時の金銭的な報酬や売買を促す広告、あっせん仲介料を禁止している。

 日本では臓器移植法で臓器売買を禁止し、生体移植については運用指針で例外的に認めると定めている。しかし、08年実績で肝移植の97%、腎移植の83%が生体からの提供で占められるなど、死体より生体への依存度が高い。

 このため臓器移植法が改正され、今年7月から本人の意思がなくても家族の同意だけで提供できるようになるが、実際にどの程度増えるかは不透明だ。

 一方、生体ドナーの健康調査については、各医療機関で対応が分かれ、長期的に追跡できていない。

 日本移植学会の寺岡慧理事長は「日本で生体移植を減らすことは非常に難しいが、WHO指針に対応できるよう模索していかなければならない」と話す。【藤野基文】

【関連ニュース
東京医大:第三者委員会を設置 不祥事相次ぎ
臓器移植:虐待疑いの児童から摘出禁止 厚労省が運用指針
宇和島徳洲会病院:病気腎移植手術 4例目を実施へ
携帯電話:発がんの危険認められず WHO機関大規模調査
ひと:松村由利子さん 科学ジャーナリスト賞受賞の歌人

アレルギー対策基本法案を提出―公明党(医療介護CBニュース)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
プリンストン、外付けHDDでバックアップが手軽に、耐衝撃性も確保
国民投票法、18日に施行=憲法改正原案、提出可能に―審査会休眠で審議できず(時事通信)
福島氏は首相判断尊重を=岡田外相(時事通信)

高槻遺棄女性、転居前に白い車の男女と会う(読売新聞)

 大阪府高槻市の淀川堤防斜面の草むらで、同府豊能町の宇野津由子さん(36)の遺体がポリ袋に入れられて見つかった事件で、宇野さんは豊能町に引っ越すまで住んでいた同府松原市の雇用促進住宅近くで、転居前の今年1月下旬、白い車に乗った知人とみられる数人の男女と会っていたことがわかった。

 遺体発見現場付近でも遺棄されたとみられる時間帯に白い不審な車が目撃されている。府警は、この白い車に乗車していた人物の特定を進めている。

 同住宅の住人らによると、宇野さんは大阪市西成区に実家があるが、昨年1月から同住宅で独り暮らしをしていた。今年に入り、豊能町に転居したが、その少し前、白い車に乗った男女が会いに来ていたという。

 また、宇野さんの遺体は、堤防上を走る車道上から投げ捨てられたとみられているが、車1台が通れるほどの幅しかないこの車道に、遺棄当日とされる4月28日夜、白い軽乗用車が停車しているのが目撃されており、府警は事件との関連を調べている。

350万円の詐欺容疑などで弘道会系組幹部ら逮捕(産経新聞)
<トヨタ社長>「24耐」出場見送り…周囲の猛反対で(毎日新聞)
女子児童が早乙女姿でお田植え祭り 愛媛・愛南町(産経新聞)
中大で替え玉受験 合成写真見抜けず、合格取り消し(産経新聞)
前PHP研社長を擁立=みんな(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。