So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

世論調査 直撃受けた自民党とみんなの党(産経新聞)

 菅新政権に関する産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で、直撃を受けたのは自民党とみんなの党だ。迷走が続いた鳩山政権批判で勢いに乗ったが、新政権の誕生で戦略の練り直しを迫られそうだ。もっとも参院選まであと1カ月ほどしかなく、「政治とカネ」の問題をめぐる小沢一郎民主党前幹事長の証人喚問問題など新政権の「失策」を頼りにしているのが現状だ。

 「『小沢隠し、小沢仕分け』がすべてだ」

 自民党の大島理森幹事長は7日、産経新聞社とFNNの合同世論調査で菅新政権に「期待する」が57.3%と出たことについて、閣僚や民主党の人事で小沢氏の影響力を排除したことが最大の要因だと指摘した。

 その上で「小沢氏の(衆院予算委員会での)証人喚問が実行できないなら『ネコだまし内閣』だ」とも述べた。新政権は小沢氏の喚問に消極的なため、鳩山政権と変わらないとアピールしていく構えだが、「小沢問題」を追及していくことぐらいしか材料を持ち得なくなったともいえる。

 自民党は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題をめぐる社民党の連立離脱問題などから追い風を受けた。党内からは楽観論すら出ていた。ところが、菅直人新首相誕生を受けた今回の調査で、民主、自民両党の支持率の差は大きく開いてしまった。自民党内から衆院解散・総選挙を求める声はすっかり消えた。

 自民党執行部の一人は「普天間問題などでどのみち行き詰まる。いずれ支持率は下がる」と強気の構えを崩していないが、党内からは谷垣禎一総裁や大島氏が党内の体制刷新に乗り出さなかったことへの批判も渦巻いている。

 一方で「今さら執行部を代えても遅い」(若手)とのあきらめムードも漂う。河野太郎幹事長代理も「他人のことをとやかく言うのでなく、自民党が新しくなることに尽きる」と、「自己改革」を訴える。

 「第三極」では勝ち組といわれたみんなの党は、アイドルグループ名にもじって、近く実施が見込まれる衆院北海道5区補選と、参院選で全国の47都道府県に候補者を擁立する「AKB48作戦」を展開、参院選には7日時点で39人を擁立した。渡辺喜美代表は参院選で比例代表と選挙区でそれぞれ2けたの目標議席を掲げ、強気に出てきた。

 ただ、みんなの党の躍進は民主党の低迷が前提。菅新政権の誕生による民主党支持率の急速な回復は大きな打撃だ。

 渡辺氏は7日、世論調査で党の支持率が2.4ポイント下がったことについて、記者団に「民主党でも自民党でもない、みんなの党でないと駄目だという人は微動だにしていない。心配していない」と強調してみせた。

 渡辺氏は「表紙が変わっても中身が変わらないので、民主党と一緒にやることはない」とも述べ、公務員制度改革や消費税をめぐる経済政策で新政権を追及し「アジェンダ(政策課題)」の違いを訴え、無党派層の呼び戻しを図る。

【関連記事】
菅氏したたか?続々内定組閣人事“仕分け人”蓮舫氏も大臣に
菅新首相に期待57%、比例投票先は民主34%に急伸
玄葉氏が党政調会長兼公務員改革相 午後に新執行部発足へ
新政権 露骨な「小沢外し」
“仕分け大臣”に蓮舫氏 政調会長は玄葉氏で調整
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

医療刑事裁判の適正化には「過失」の明確化を―日医総研(医療介護CBニュース)
クロマグロ問題「妥協せず」=赤松農水相
私はクリーンと枝野氏、でも小沢氏への配慮も(読売新聞)
<菅首相>11日に所信表明演説(毎日新聞)
<無賃乗車>JR東海の関与社員は85人 解雇含む処分実施(毎日新聞)

郵便不正 弁護側「異例の判断」 検察側は敗北感にじませ(毎日新聞)

 「一日も早く無罪を」−−。障害者団体への郵便料金割引制度を悪用した郵便不正事件で、厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の公判が26日、大阪地裁で開かれ、厚労省元係長の捜査段階での供述調書など、検察にとって重要な供述調書がほとんど証拠採用されなかった。村木被告もこの決定を高く評価し、弁護団も無罪への手応えを示した。一方、検察幹部からは「極めて厳しい判断」と敗北感をにじませる声が漏れた。

 村木被告の主任弁護人の弘中惇一郎弁護士ら3人は公判後、大阪市内で会見。検察側にとって重要な証拠の不採用決定を受け、「無罪判決に確信を持った」と自信を深めつつ、「正直ほっとしています」と本音も語った。

 最も関心を寄せていたのは、厚労省元係長、上村勉被告(40)の供述調書が証拠採用されるかどうかだった。15通すべてを却下した結果に、弘中弁護士は「無罪判決が出ることは動かしがたい状況だ」と言葉に力を込めた。

 横田信之裁判長は2時間半近くをかけ、8証人それぞれの調書について、証拠採否の判断とその理由を述べた。弘中弁護士は「理由は簡単に説明するだけと思っていた。極めて異例だ。しっかりした論理構築のうえで出した決定だと示したかったのだろう」と評価した。

 また横田裁判長が、描いたストーリーに合わせた調書を作成する大阪地検特捜部の捜査の進め方を批判した点についても、「誘導を理由に調書の採用を却下した。これまでまかり通ってきた検察、特捜のやり方をかなり具体的に厳しく批判した。内容も着眼点も高く評価できる」と話した。

 村木被告は会見に姿を見せなかったが、「裁判所がていねいに証拠を検討してくださったことに感謝しております。一日も早く無罪が明らかになり、社会復帰できる日が来ることを心から願っております」とのコメントを出した。

 一方、ある検察幹部は「なかなか厳しい。(無罪)判決の行方が見えてしまった」と肩を落とした。玉井英章・大阪地検次席検事は「公判係属中であるので、コメントは差し控えたい」との談話を出した。【苅田伸宏】

 ◇「やはり潔白だった」厚労省職員

 村木被告に無罪判決が言い渡される公算が大きくなったことで、厚生労働省の職員からは「やはり潔白だったのか」などと安堵(あんど)の声が上がる一方、検察の捜査に対する強い不満も漏れた。

 ある幹部は「偽の証明書の発行は、不正の記録をわざわざ残すということ。普通の役人なら絶対にやらないことだと初めから思っていた。検察の捜査が見込み違いだったとしたら、あまりにもお粗末」と語った。

 別の幹部は「村木さんは仕事も優秀で、職員の中でも不正から最も縁遠い人だった。厚労省にとって、今日一番のいいニュース」と手放しで喜んだ。

 ある職員は「順調に出世していた人が、不正をしてまで便宜を図る理由があるのか疑問だった。検察は一体何をやろうとしたのか。早く無罪判決が出て、潔白が証明されてほしい」と話した。

 厚労省によると、村木被告は現在、休職扱いで、無罪が確定すれば復職できる。ある幹部は「局長まで上り詰めた人なので、どのポストが適切かは難しいが、障害者政策のエキスパートとして再び力を発揮してほしい」と期待を寄せた。【佐々木洋】

【関連ニュース】
郵便不正:村木被告無罪の公算大 元部下の供述調書不採用
郵便不正:「凜の会」発起人に有罪判決 大阪地裁
郵便不正事件:「凜の会」で控訴…大阪地検
障害者郵便割引不正:「凜の会」代表、偽公文書作成は無罪
郵便不正公判:村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定

専用設計のオーディオシステムを搭載した限定10台のベンツCLSクラス(Business Media 誠)
岡田外相 イラン外相と会談 IAEA決議に従うよう要請(毎日新聞)
福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」(産経新聞)
綱吉の母・桂昌院ゆかりの京都・善峯寺 重文ひっかき傷(産経新聞)
会話優しく中身は厳しい…船橋市債権回収チーム(読売新聞)

<WHO>臓器提供指針案を採択(毎日新聞)

 世界保健機関(WHO)は21日、ジュネーブで開かれていた総会で、生体ドナー(臓器提供者)の健康調査と臓器売買の禁止などを柱とする指針案を採択した。法的拘束力はないが、日本を含む加盟国に対応が求められそうだ。

 指針では、死者からの臓器提供を原則とした上で、国内法で認められている場合にのみ生きている人からの提供を容認した。また、実施する場合には、健康な人にメスを入れる点などを踏まえ、ドナーの健康を追跡するよう求めた。臓器売買については、提供時の金銭的な報酬や売買を促す広告、あっせん仲介料を禁止している。

 日本では臓器移植法で臓器売買を禁止し、生体移植については運用指針で例外的に認めると定めている。しかし、08年実績で肝移植の97%、腎移植の83%が生体からの提供で占められるなど、死体より生体への依存度が高い。

 このため臓器移植法が改正され、今年7月から本人の意思がなくても家族の同意だけで提供できるようになるが、実際にどの程度増えるかは不透明だ。

 一方、生体ドナーの健康調査については、各医療機関で対応が分かれ、長期的に追跡できていない。

 日本移植学会の寺岡慧理事長は「日本で生体移植を減らすことは非常に難しいが、WHO指針に対応できるよう模索していかなければならない」と話す。【藤野基文】

【関連ニュース】
東京医大:第三者委員会を設置 不祥事相次ぎ
臓器移植:虐待疑いの児童から摘出禁止 厚労省が運用指針
宇和島徳洲会病院:病気腎移植手術 4例目を実施へ
携帯電話:発がんの危険認められず WHO機関大規模調査
ひと:松村由利子さん 科学ジャーナリスト賞受賞の歌人

アレルギー対策基本法案を提出―公明党(医療介護CBニュース)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
プリンストン、外付けHDDでバックアップが手軽に、耐衝撃性も確保
国民投票法、18日に施行=憲法改正原案、提出可能に―審査会休眠で審議できず(時事通信)
福島氏は首相判断尊重を=岡田外相(時事通信)

高槻遺棄女性、転居前に白い車の男女と会う(読売新聞)

 大阪府高槻市の淀川堤防斜面の草むらで、同府豊能町の宇野津由子さん(36)の遺体がポリ袋に入れられて見つかった事件で、宇野さんは豊能町に引っ越すまで住んでいた同府松原市の雇用促進住宅近くで、転居前の今年1月下旬、白い車に乗った知人とみられる数人の男女と会っていたことがわかった。

 遺体発見現場付近でも遺棄されたとみられる時間帯に白い不審な車が目撃されている。府警は、この白い車に乗車していた人物の特定を進めている。

 同住宅の住人らによると、宇野さんは大阪市西成区に実家があるが、昨年1月から同住宅で独り暮らしをしていた。今年に入り、豊能町に転居したが、その少し前、白い車に乗った男女が会いに来ていたという。

 また、宇野さんの遺体は、堤防上を走る車道上から投げ捨てられたとみられているが、車1台が通れるほどの幅しかないこの車道に、遺棄当日とされる4月28日夜、白い軽乗用車が停車しているのが目撃されており、府警は事件との関連を調べている。

350万円の詐欺容疑などで弘道会系組幹部ら逮捕(産経新聞)
<トヨタ社長>「24耐」出場見送り…周囲の猛反対で(毎日新聞)
女子児童が早乙女姿でお田植え祭り 愛媛・愛南町(産経新聞)
中大で替え玉受験 合成写真見抜けず、合格取り消し(産経新聞)
前PHP研社長を擁立=みんな(時事通信)

日本推理作家協会賞に貫井徳郎さんら(産経新聞)

 第63回日本推理作家協会賞の選考会が23日開かれ、長編および連作短編集部門は飴村行(あめむら・こう)さんの「粘膜蜥蜴(とかげ)」(角川書店)と貫井徳郎さんの「乱反射」(朝日新聞出版)に決まった。短編部門は安東能明(よしあき)さんの「随監(ずいかん)」(「小説新潮」平成21年5月号)。評論その他の部門は小森健太朗さんの「英文学の地下水脈」(東京創元社)。賞金は各50万円。贈呈式は5月31日、東京・新橋の第一ホテル東京で行われる。

【関連記事】
【直木賞講評】「ほとんど点差なかった」選考委員の浅田次郎さん
「音楽の本質は不変」古楽の大家、有田正広が新境地
日本のミステリー、アジアで拡大 台湾で「島田荘司推理小説賞」創設
江戸川乱歩「幻影城」を特別公開
作家の栗本薫さん死去 「ぼくらの時代」で江戸川乱歩賞を受賞

短大生監禁の芦屋署元巡査、第2回公判で起訴内容認める(産経新聞)
<蛇笏賞>眞鍋呉夫さんの句集「月魄」に決まる(毎日新聞)
恒久減税案を否決=市議報酬半減案も−名古屋市議会(時事通信)
9カ月乳児、壁に投げ付け=傷害容疑で父逮捕−福岡県警(時事通信)
高速道の新上限料金制 与党委員長が法案反対 小沢氏プッシュ(産経新聞)

宇宙飛行士、山崎さん出発 母校に150人 「フレッフレッ直子」大歓声(産経新聞)

 「すごい」「おめでとう」。山崎さんの母校、お茶の水女子大学付属高校(東京都文京区)では5日夜、在校生のほか、卒業生や恩師ら計約150人が集まり、教室に設置された大型スクリーンでシャトルの打ち上げを見守った。

 参加者は打ち上げ直前まで「フレッフレッ直子」と声援を送った。シャトルが発射された瞬間、教室では大きな歓声が上がった。「いってらっしゃい」。拍手が鳴り響き、宇宙に向けて飛び立つシャトルの映像に参加者がくぎ付けになった。

 山崎さんの同級生で、現在は宇宙航空研究開発機構(JAXA)に勤める杉田尚子さん(39)は「普段はほんわかしているけれど、平凡な努力を積み重ねられる人。彼女なら任務をきちんと果たしてくれると思う。宇宙の経験は彼女しか話せないので、帰ってきたらみんなに話してほしい」と話した。山崎さんの応援団を作り、団長として活動した3年生の川島里佳子さん(17)は「私が宇宙に行くみたいにドキドキしました」と興奮気味に語った。

【関連記事】
「銀河鉄道」あこがれ胸に山崎さん出発
「フレッフレッ直子」母校で150人大歓声
“シャトル卒業”日本の有人宇宙開発に転機
最後の日本人搭乗 広がった活躍の場
山崎さんの長女「宇宙で頑張ってほしい」
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

出会い系利用料名目で詐取 大阪府警容疑で5人逮捕 被害2億円か(産経新聞)
首相、日銀総裁と9日会談(時事通信)
<米軍>沖縄で模擬ミサイル付属部品落下 F15戦闘機から(毎日新聞)
ワインの時短テクニック
病腎移植3例目始まる(産経新聞)

<威力業務妨害>商品にカッターの刃…都内のコンビニ3店舗(毎日新聞)

 東京都港区と新宿区のコンビニエンスストア「ローソン」の3店舗で3月、カッターナイフの刃を突き刺されたパンなどの商品が相次いで見つかっていたことが分かった。警視庁は何者かが商品の外袋の上から刃を刺し放置したとみて威力業務妨害容疑で捜査しており、防犯ビデオ映像の解析を進めている。けが人は出ていない。

 警視庁は3事件の発生日が約10日間に集中していることから同一人物による犯行の可能性が高いとみている。

 高輪署と新宿署によると、港区の店舗で3月上旬、袋の上からカッターナイフの刃を突き刺されたパンを客が発見。同じ日に同区内の別の店舗でも、キャンディーの外袋に刃が刺さっていた。3月12日には新宿区の店舗でパンに刃が刺してあるのを店員が見つけた。3件の中には、未使用の替え刃がそのまま刺さっているものもあったという。【内橋寿明、山本太一】

【関連ニュース】
威力業務妨害:運動場に無断でミカン植える…4人逮捕
威力業務妨害容疑:私立中に爆破予告メール 21歳男逮捕
威力業務妨害:ミカン苗木、校庭に130本 容疑の男逮捕「自分の土地だ」−−宮崎
懲戒処分:成人式妨害の自衛官を停職 依願退職へ /長崎
佐世保市成人式妨害:「大人は責任が伴う」 告訴で市長が見解 /長崎

容疑者不詳で書類送検=長官銃撃で警視庁(時事通信)
ラグビー元日本代表、鎌倉駅で転落死(読売新聞)
<天下り>資格試験委託の公益法人で9割超 仕分けの対象に(毎日新聞)
東京の銭湯に増える見附島の背景絵 絵師の中島さんを地元観光大使へ(産経新聞)
日本の技術を国際標準化=「知財」推進で三つの柱−政府(時事通信)

自民党 執行部、現体制で参院選…谷垣総裁(毎日新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は1日午前、党本部で開かれた両院議員懇談会で「(参院)選挙まであと100日。この党が戦っていく骨格である人事を大きくいじろうという考えは毛頭持っていない」と述べ、現執行部で今夏の参院選に臨むことを明言した。出席議員から目立った反論はなく、与謝野馨元財務相の新党発言を契機とした党内の混乱はひとまず収束に向かうことになった。

 谷垣氏は「私の使命は参院選で勝つことだ。私が責任を持って選んだ人事で戦いたい」と重ねて強調。党内の一部で浮上していた派閥解消論も「いらないと思っている人は派閥を出ればいい」と突っぱねた。中堅・若手議員を参院選の選対体制に積極的に組み入れる方針も打ち出した。

 これに対し、河野太郎国際局長らが「予定調和ではいけない。自民党が変わったということを見せてほしい」と注文をつけたものの、約2時間半の会合で出席者が執行部を厳しく追及する場面はなかった。党運営に批判的な与謝野氏や舛添要一前厚生労働相は欠席した。懇談会は2日と5日にも行われる。【野原大輔】

【関連ニュース】
自民:議員懇を拡大…立候補予定者も参加 4月上旬に
与謝野氏:小沢幹事長と同席 憶測呼ぶ 会話の中身は…
自民党:与謝野氏と舛添氏 党にとどまる姿勢を鮮明に
みんなの党:「自民党は終わった」 渡辺喜美代表が講演で
鳩山氏離党:与謝野氏「話聞く」、舛添氏「決めてない」

アフガン、邦人フリージャーナリスト誘拐か(読売新聞)
東京スカイツリー 東京タワー抜く 高さ338メートルに(毎日新聞)
ミクシィに「ブッ殺します」宅八郎氏、起訴猶予(読売新聞)
小学教科書検定 神話など伝統文化増えるも、自虐史観は残る(産経新聞)
<鴨川をどり>あでやかに衣装合わせ 京都で5月1日開幕 (毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。